梅雨明け第一弾石鹸

梅雨があけて やっと石鹸作りに適したシーズンを待っての 第一弾の石鹸です

□■□ よもぎとクロレラのマルセイユソープ□■□
d0108880_15404350.gif

マルセイユソープとは・・・1688年ルイ14世が王令によってヨーロッパの石鹸製造の独占権をマルセイユに与えて以来厳しい品質管理が続けられ材料の配合をオリーブオイル72%水28%としています
19世紀になってオリーブの不作のため 他のオイルを配合せざるおえなくなって以来
「オイルのうち72%がオリーブオイル」という意味に変わっています
あとの28%のオイルは 肌への優しさ、溶け崩れのなさ、泡立ちを考えパームオイル・ココナッツオイルを使用しています(前田京子著 オリーブ石鹸・マルセイユ石鹸を作る参照)

このマルセイユオイルに 日本古来から代表的なハーブのよもぎを漬け込み
紫外線が原因で顔にしわができる際に、皮膚の真皮上層で通常よりも太い毛細血管が異常に増加し、このしわの原因となる血管「しわ血管」を抑えるために有効だと言われているクロレラパウダーを オプションとして加えています

石鹸のグリーンの色は そのクロレラの色です

□■ココナッツオレンジソープ □■
d0108880_1601461.gif

マカダミアナッツオイルはパルミトレイン酸を多く含むため、特に乾燥肌、老化肌に有効に働き人の皮脂に近いため浸透しやすく、栄養価が非常に高いオイル
またレッドパームオイルには天然のカロチンとビタミンEが豊富に含まれており
傷用としてだけでなく、ニキビや荒れ肌用など
肌の修復作用を助けるという働きが注目されています

石鹸のオレンジの色はレッドパームオイル そのものの色です

□■□ 真っ黒竹炭石鹸  □■□
d0108880_1663646.gif

山茶花オイルは照葉樹林に生育するツバキ科常緑樹をさしその種子から搾油・精製して得られた天然油脂です
天然成分のみでできた山茶花オイルは、赤ちゃんも敏感肌の方に安心してご使用いただけるオイルです
椿油は椿の種を搾った油で日本では何百年も前から食用にもスキンケア 特に洗髪に使われてきた油です
保湿たっぷりのオイルに、汚れやにおいの元となる細菌、人体に有害な重金属などを吸着する力が特に大きいと言われている竹炭パウダーを加えています

石鹸の黒色は竹炭パウダーの色です
[PR]
←menuへ